宗祖降誕祭 

令和2年6月13日(土) 10時〜

私たちに生きていく力と、気力を与えてくださっている弘法大師様。

お大師様は宝亀5(774)年6月15日に讃岐でお生まれになりました。
幼年期より仏様に手を合わせ、世の中の困っている方々を救いたいと誓願をたてられていました。
その後、奈良の都で儒教を中心に大学でお勉強をなさいますが、出世を目的とすることよりも仏教に興味をもたれ険しい修行の道を進まれます。
最高のみ仏の教えを求めついには唐に渡り、正統の真言密教を継がれた第七祖の恵果和尚とお会いになり、真言密教の教法すべてと遍照金剛の法号を授けられ、真言密教の第八祖となられました。
真言密教のみ教えを広めるために日本にお帰りになられ、衆生救済一筋にお尽くしくだ去ったことは言うまでもありません。
日照りの続く時には雨乞いや満濃池の治水工事、四国八十八ヶ所霊場を開かれ、誰でも勉強のできる学校もつくられました。
この時、むずかしい言葉をお経典より48文字の仮名文字(いろは歌)に変えて、優しい言葉で教えてくださいました。
このように私たちは身近なところでお大師様のご加護をいただいています。

弘法大師様の御誕生をお祝して、感謝と日々の安寧を祈り真心を捧げましょう。

献花の奉納をお受けしております。
郵送、もしくは当日お持ちいただきますようお願い致します。